Business,  IT

YouTube用の動画作成はパワーが必要です

こんにちは、jimaです。

最近、Youtubeのチャンネルを開設し
撮影技術やビジネス、ライフシフトに関することを題材に
動画を公開しているのですが

YouTubeの撮影には大きく分けて以下の工程があります。

  • コンテンツ(ネタ作り)
  • 動画撮影
  • 動画編集(不要部分のカットやテロップなど)
  • 動画のチェック
  • 動画投稿
  • キャプション部分の記載

更に細かく分けると
もっと色んな作業があるのですが
私の中では上記の工程が主メインとなります。

作成には Adobe Premiere Elements を使用しています。

始めたばかりの頃はソフトの使い勝手がわからなかったり
思ったような動画にならなかったりと試行錯誤で
15分の動画に対して10時間ぐらい要していました。

そこから、現状の私の再生数を考慮し
5分程度の動画で2時間ぐらいの編集
撮影は30分ぐらいと合計2時間半を目標に作成しています。

オープニングやエンディングの素材、テロップなどが
ある程度、自分のテンプレートとして作成できるようになってからは
効率化が図れていますが
話が詰まったりした不要部分のカットや
テロップの位置や文字などを含めた
アップロード前の動画チェックは必須なので
2時間半を切ることは現状難しいかなと考えています。

現在、Youtubeにはたくさんの良質な動画が並んでおり
広告があるとは言え、無料で見れる時代に本当に感謝し
動画を作成している人の苦労(外注しているなら外注費)を考えて
大切に見るようにしましょう。

私自身、見る側のときは
気付けなかったですが
動画を作るって本当に大変だということを
体感しました。

何事も自身でやって
経験することは大切ですね

Youtubeで1人テレビ局が出来る時代
ハードルは下がってはいますが
多少の努力は必要です。

ただ、撮影を続けると
確実に話すのに抵抗がなくなったり
編集が早くなったり
映画やドラマを見ると
こういう表現があるのかといった気付きがあります。

もしYoutubeを含めた動画コンテンツに興味のある方は
是非、一度5分の動画でOKなので
アップロードまで挑戦してみてくださいね

最後に私のチャンネルを紹介します。

良かったら、是非覗いてくださいね。