all,  Shooting

広角レンズの魅力【パース効果を活かしたポートレートを撮ろう】

こんにちは、Jimaです。

今回は広角レンズの魅力であり、扱いにくい点でもあるパース効果について
解説していこうと思います(^^)

この動画を見るメリット

  • レンズ、焦点距離別の特徴を知れる
    • 広角レンズのパース効果の魅力
    • パース効果の注意点
    • パース効果とカメラポジションの組み合わせ
    • センサーサイズと広角の関係性
  • 作例含めて広角の面白さが伝われば幸い(^^)

まとめ:日常の世界をより広く楽しめるのは最高

ずばり、パース効果とは

  • 遠近感を強調できる
  • 広角レンズの特徴的な効果
    • 近いところは大きく写る
    • 遠くなるにつれて小さくなる
    • 迫力のある写真として表現ができる
    • 低い位置から見上げるようにすると迫力出る
    • バリアングルのカメラならめっちゃ便利
  • パース効果はどこか1点に向い集まる特徴
  • 画面の端に配置したものほど大きく収束する

パース効果がない時、こんな感じ

  • パース効果のような1点に集まる特徴は弱い
  • 画面の端に配置してても歪みは弱い
  • 広角撮影のような心配事は少なくなる
  • 圧縮効果で遠くの物が近くなる
  • 背景の写りこむ範囲は狭くなる

センサーサイズのイメージの比較

  • フルサイズ(FX)は広く撮れる
  • APS-C(DX)は1.5倍寄った(狭く)撮れる

広角レンズの詳細解説やケラレの動画も見てね

焦点距離について

  • レンズの主点からセンサーに結像するまでの距離
  • 10mmや28mm、50mmや400mmなどの単位で表現
  • 単焦点とズームは撮影スタイルで選ぶが良い
  • ズームは「24-120mm」など レンズの両端の数字で表現
  • 焦点距離の値が
    • 小さいレンズは写る範囲が広い(広角)
    • 大きいレンズは写る範囲が狭い(望遠)
  • 一般的には35mm換算で50mmが標準域とされる
    • 超広角<広角<標準<中望遠<望遠<超望遠
    • 焦点距離別のざっくり比較を用意しました
  • 自分の理想とする写真を撮るのはどのレンズか考える
    • その時、開放f値も結構大事

広角撮影に関わる別動画も是非、見てね

広角撮影で注意すべきとこ

1.画角(センサーサイズ)

  • 日常の視野より広いので、情報過多を避けるよう注意
  • フードやレンズフィルターの写りこみは注意
  • センサーサイズで広角の魅力を損なわないように
    • フォーサーズ < APS-C < フルサイズ < 中判

2.歪み(パース効果)

  • 広角は中央にグッと寄せる効果があるので注意
    • 風景ならダイナミックに演出可能
    • 人物なら違和感を与えないように注意が必要

3.周辺減光

  • 広角は四方が光量不足になりがちなので注意
  • 視線を誘導するために周辺光量を下げるのはアリと思う
  • 現像ソフトやカメラ側で補正をすると解決できる

広角レンズ の魅力

  • 背景を豪快に取り入れた撮影が可能(人物撮影にも良い)
  • 広角独特のクセ(パース効果)を活かすコツが必要
  • 非日常の絵が撮れる、標準、中望遠とメリハリ作れる
  • 広角レンズは開放f値が f1.8 でもボケにくい
  • 被写界深度を活用すれば上手にボケ感を出すことは可能
  • 焦点距離によって撮れる範囲(画角)が異なる
    • 数字が小さい → 広い画角 → 引いた感じ
    • 数字が大きい → 狭い画角 → 寄った感じ
    • APS-C、フルサイズで画角変わるので注意

単焦点 と ズームの違い

  • シンプルに言うと焦点距離を変えれるかどうか
    • 寄ったり、引いたりが自由な便利ズーム
    • 単焦点は焦点距離が固定でカメラを動かす必要あり
  • 単焦点の特徴
    • シンプルな構造で画質が良いレンズが多い
    • 開放f値が低いレンズが多い
    • 撮り手の画角を考えるトレーニングになる
    • 他の焦点距離を求めると荷物が増える
    • レンズ交換時、埃が入ったりレンズ落下に注意
  • ズームの特徴
    • 1本で色んな画角が撮れて便利
    • 構造上、レンズ内が複雑化しやすく重くなりがち
    • 明るいレンズ(低いf値)は構造的に少し難しい
    • 大三元という便利ズームでも、画質が良い物がある
    • レンズ一本で色んな撮影が事足りることがある

広角のボケ感(被写界深度)

  • ボケ感は被写界深度の調整で作り出せる
  • 被写界深度は クッキリ見える範囲って認識でOK
    • ピントが合ってる範囲、前後でボケていない範囲
    • ボケ感の表現を数値的に表したものって感じ
  • 被写界深度が
    • 浅いと、ボケ感が強い(ボケてる)
    • 深いと、ボケ感が弱い(ボケてない)
  • 写真の表現でボケは絶大な威力を発揮
    • ボケ感が強いと主役を強調できる
  • ボケ感で撮影環境や雰囲気を表現として活かせる
  • 実はボケ感は焦点距離も大きく関わってくる
  • f値が同じでも、焦点距離が
    • 長いとボケやすい(望遠)
    • 短いとボケにくい(広角)

同じf1.8でも左は24mm、右は85mm(背景の抜け感も関係)

今回の内容を詳しく語った動画も用意しているので
是非、一緒に見てくださいね(^^)