all,  Shooting

Nikonの便利ズーム AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR の魅力を語る

Jimaです(^^)

今回はニコンから発売されている小三元の便利ズーム AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR を作例含めて特徴を紹介します。

この記事で得るもの

  • AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
  • どういうレンズなのか
    • 単焦点買う前の判断用に良い
    • どういった撮影シーンに向く
      • 風景、ポトレに向いている
    • ズームで焦点距離が便利
    • どういった被写体に向く
    • どういった人に向いているのか
  • 作例
  • スペック
  • 所感は
    • 24mmの特徴は
    • 120mmの特徴は
    • f4通しは
    • 広角の特徴
    • 重い
    • 手ブレ
  • コスパは良いのか

どういうレンズなのか

  • ワイド24mm テレ端120mm と一本で広い焦点距離をカバー出来る
  • ズームレンズは焦点距離を動かずに変えれるのが便利
    • 単焦点買う前の判断用に良い
    • 私は24-120mmを5年前に買って、良く使う焦点距離を把握した
    • その後、その焦点距離の解放f値が低い単焦点レンズを購入
    • 旅行などレンズ1本で行きたい時に便利 → 少し重いけど
  • 手振れ補正あり、f4通しの撮影シーンや仕上がりによっては最高
    • ナノクリスタルコート採用で質の良いレンズ(小三元)
    • f4通しなので被写界深度を意識しないとボケ感は作りにくい
    • 解放f値や絞り、小三元の話が気になる方は別の動画を見てね ↓
  • どういった撮影シーンに向いているか
    • 風景、ポートレートをはじめ万能なレンズ
    • 「これを撮る」というより汎用性の高いレンズ
    • 私は風景が綺麗で初めて良く所に持っていく印象
    • 慣れている所や撮る物が決まってるなら単焦点を数本持参
  • どういった人に向いているのか
    • レンズ一本で広い焦点距離をカバーしたい方
    • 広角24mmに興味がある方
    • 70mmや85mmでなく、120mmまで寄れることに魅力を感じる方
    • ナノクリスタルコートやVR(手振れ)に魅力を感じる方

作例

焦点距離別の特徴作例

  • AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR で同位置から撮影した作例
  • 広角域では画角が広く、望遠域に狭くなってボケ感が強くなる
  • ズームレンズでお気に入りの焦点距離を見つけて単焦点を選ぶべし

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

  • 対応マウント ニコンFマウント系
  • レンズタイプ 標準ズーム
  • フルサイズ対応 ○
  • レンズ構成 13群17枚
  • 絞り羽根枚数 9 枚
  • 焦点距離 24~120 mm
  • 最短撮影距離 0.45 m
  • 開放F値 F4
  • 手ブレ補正機構 ○
  • サイズ 最大径x長さ 84×103.5 mm
  • フィルター径 77 mm
  • 重量 710 g  
  • 流通価格 13万前後(5~7万)

このレンズの詳細スペックは公式サイトからチェックしてくださいね☆

https://www.nikon-image.com/products/nikkor/fmount/af-s_nikkor_24-120mm_f4g_ed_vr/spec.html

使ってみた所感

  • 24mm(広角)の特徴
    • 肉眼より広い世界をダイナミックに切り取れる
    • 綺麗な風景や街並など多くの情報を入れるのに向く
    • パース効果と上手く付き合おう
      • 人物撮影のお顔の位置に注意
      • 空や海を撮ると本当に綺麗
      • 建物など見上げた撮影で使うと面白いよ
  • 120mm(中望遠)の特徴
    • 肉眼よりグッと寄った世界を切り取れる
    • 人物や動物などの表情などの表現に最適
    • ボケ感を広角よりも作りやすい
    • 主題、副題をハッキリさせて観る人に内容を伝えやすい
    • 自分が被写体と距離を調整しないと同じような画角になりがち
  • f4通し
    • ボケ感はあまり強くなく、良くも悪くも綺麗に写ってしまう
    • 暗い環境ではISOを上げないとSSを犠牲にする可能性あり
  • 手ブレ補正は気持ち助かる程度と思ったらOK
  • D750のキットレンズ、小三元として活用される
  • 個人的にはf値や焦点距離の勉強になったレンズ
  • このレンズで撮れない不満点を単焦点で揃えた印象
  • 現状は率先して持ち出したり使うレンズではなくなっている
    • 人物や風景なら単焦点、野鳥や動物なら200-500mmを使うから
    • 旅行などの撮影シーンか想像つきにくい時の保険の一本

気になる点

  • 重い・そこそこデカい
    • サイズ 最大径x長さ : 84×103.5 mm
    • 重量 : 710 g  
    • 1日カメラを持ち歩くには結構しんどい
    • 特に女性にはカメラ併せて1.5kgなどになると筋トレ感がある
    • ボケ感が好きなら軽くてボケやすい単焦点がオススメ
  • 新品では少しコスパが微妙
    • 新品は流通価格 13万前後なので良いグレードの中古レンズや
      コスパ良いレンズ2本などの予算の使い道も考える
    • D750とのキットレンズ購入ならコスパ高い
    • 中古なら 5~7万円なのでコスパ高いかな?という印象
  • 解放f値
    • はじめは気にならなかったが、ボケ感を求めると気になった
    • 風景を撮る方でf8などで撮ることが多い方はまったく問題ない
    • ご自身の撮影シーンに解放f値が問題ないか焦点距離が便利かで
      判断してもらえるといいかな
    • 条件にマッチしたらめっちゃ使いやすい便利ズームです

状況によっては広角や中望遠レンズの単焦点のほうが用途にあってるかもなので
よく使う焦点距離を把握するのがよいかと思います。

今回はニコンの24-120mmのレンズについて特徴を作例含めて
ご紹介いたしましたので、気になる方はチェックしてみてくださいね

YouTubeでも語っているので、是非見てくださいね(^^)