all,  Shooting

写真撮影の上達に必要なISO感度とは

Jimaです。

今回はカメラを続けていると上達に必要となるISO感度について作例を含めてご紹介いたします。

この記事で得るもの

  • オートモードで撮影していて一歩踏み込んだことを知りたい方
  • ISO聞いたことあるけどよくわからんって方へ
  • 便利だけど、取り扱い注意なISOの話
  • ISOとf値、SSの関係性
  • ISOの比較作例
  • ISOを上げた方が良い時

オートモードで撮影していて一歩踏み込んだことを知りたい方

  • 綺麗な写真を残すならオートモードでの撮影でOK
  • 難しいこと考えず、ピントさえ合わせればOK
  • ボケ感のある写真を撮りたい時はf値やレンズの特性を知ろう
  • 早いものをピタっと止めたい時はSSの効果を知ろう
  • ISOは露出を決める、f値やSSと密接な関係にあるひとつの要素
ボケ感はF値、動き物はシャッタースピードで調整しましょう

ISO聞いたことあるけど
よくわからんって方へ

  • 便利だけど、取り扱い注意なISO
  • ISO(感度)はデータの処理能力の増減で光量を調節出来る
  • ISOで光量を増やすと、ノイズ(ざらつき)が出るので注意
  • カメラによるが1000~3200ぐらいから気になる人は気になりだす
  • 小さいモニターで見るならノイズはそない気にならない
  • 低い値
  • 光量を無理やり増やしていないので、ノイズの少ない高画質で撮れる
  • 明るい場所での撮影に適切
  • 高い値
  • 光量を無理やり増やしているので、ノイズ・ザラザラな低画質になる
  • 暗い場所での撮影でf値、SSでカバー出来ないときに活用

ISOとf値、SSの関係性

  • ざっくり伝えると
    • f値は下げると明るくボケて、上げると暗くハッキリ写る
    • SSは下げると明るくブレて、上げると暗く止まる
  • ISOはこの露出(明るさ)を機械的に光量を増減させてフォローする

ISOを上げた方が良い時

  • f値もSSもあまり下げれない場合
  • 暗い環境で撮影する場合
  • 手振れ、被写体ブレを防ぎたい場合

絞りの話

  • レンズを通ってくる光の量を調整すること
  • レンズの絞り羽を使って、光の通る穴の大きさ(光の量)を調整する
  • カメラに取り込む光の量を数値化したものがF値
  • F値はF2、F2.8、F4、F5.6、F8…みたいに基準の値がある
  • F値を大きくすると絞られてレンズを通る光の量が少なくなる
  • F値を小さくすると絞りが開きレンズを通る光の量は多くなる
    • 私は人物撮影は低い値、風景は高い値で撮ることが多い
  • 面白いのが、撮影条件が同じでF値のみを変えると、
    SSを2倍速くしても、同じ量の光をカメラ内に取り込める。
    • 光の三角形の話になるので、今日は深く考えなくてOK
  • 絞りはピントの合って見える範囲にも影響する(被写界深度)
  • F値を小さくすると多く光を取り込めてボケ感が強くなる
  • F値を大きくすると取り込める光が少なくなってボケ感が弱くなる

作例

f値で遊ぼう

  • f値(絞り)を自分で選べるようになれば、表現方法の幅が広がる
  • f値(絞り)はカメラに入る光の量だけでなく、ボケ感も調整できる
  • ボケ感を活かした、写真はカメラで撮る醍醐味なので楽しんでくださいね

今回の内容はYouTubeでも語っているので、ぜひ見てくださいね(^^)