all,  Shooting

D750を5年使ったユーザーが、D780に変えて3週間使った所感

Jimaです(^^)

今回はNikonのD750を5年半使った私がD780に変えて、約3週間経過したので良かったなと思う点を解説します。

今回の記事で得る内容

  • D750を5年使ったユーザーが、D780に変えて3週間使った所感
    • ISO感度、瞳AF、暗所撮影、色味、バッファ、LVの改善など
  • どんな写真が撮れるか作例紹介
  • イマイチに感じた惜しい点は
  • ワークフロー的にどう変化したか
  • 今、あえて一眼レフ D780を選んだ理由

D750を5年使ったユーザーが、D780に変えて3週間使った所感

  • ISO感度の改善
    • 常用ISO 51200(D750が12800 2段進化)
    • 画像処理エンジン(EXPEED4→6)進化もあり、かなり好印象
    • D750はISO1000ぐらいで抵抗あったが、D780は状況によっては
      3200ぐらいまで大丈夫な印象
    • 別の動画でD750とD780 ISOの比較動画も作ってるので見てね
  • 瞳AFの使い勝手
    • 物凄く良い、でもSONYのαシリーズに比べると劣るのは事実
    • アップでの瞳検出は優秀、ただ半身や全身になると顔認識多め
    • 慣れが必要やけど瞳より前に物があるとAF持っていかれる
      • 別の動画で瞳AFの様子を録画してるので見てね☆
  • 暗所撮影での改善
    • 結構、改善している印象
    • D750は暗い所でもOVFを使いがちでAF補助光が悩み
    • D780はLVでの撮影が優れているので、暗くても簡単に撮れる
  • 画質、色味の印象
    • 画像処理エンジンの進化 ピクチャーコントロールが好印象

D750を5年使ったユーザーが、D780に変えて3週間使った所感

  • サイレント撮影
    • 新搭載のミラーバランサーでミラーショックの軽減が好印象
    • 落ち着くシャッター音と揃って、撮るのが楽しくなる
    • 電子シャッター(サイレント撮影)では動体歪みに注意
      • 本当にシャッター音がNGな所ぐらいでしか使わないかな
  • バッファの改善
    • 劇的に改善している D750の時に感じた頭打ち感はない
    • 野鳥撮影時には本当に心強い点
  • ハイブリッドの印象(OVF、LV両用)
    • 瞳AFを活用したい、暗い環境での撮影ならLVが便利
    • 集中して頻繁に構図や画角を変える時はOVFが便利
      • 余裕があるならLV、短期勝負のOVFって感じ
  • ビデオ機能
    • 普通に撮れる、特別良くも悪くもない
    • ピクチャーコントロールがおもしろいので味は出せるかな
  • サイレント撮影
    • 新搭載のミラーバランサーでミラーショックの軽減が好印象
    • 落ち着くシャッター音と揃って、撮るのが楽しくなる
    • 電子シャッター(サイレント撮影)では動体歪みに注意
      • 本当にシャッター音がNGな所ぐらいでしか使わないかな
  • バッファの改善
    • 劇的に改善している D750の時に感じた頭打ち感はない
    • 野鳥撮影時には本当に心強い点
  • ハイブリッドの印象(OVF、LV両用)
    • 瞳AFを活用したい、暗い環境での撮影ならLVが便利
    • 集中して頻繁に構図や画角を変える時はOVFが便利
      • 余裕があるならLV、短期勝負のOVFって感じ
  • ビデオ機能
    • 普通に撮れる、特別良くも悪くもない
    • ピクチャーコントロールがおもしろいので味は出せるかな

ISO感度の比較

作例

私が一眼レフ D780 を選んだ理由

  • 私の機材所有環境
    • Nikon Fマウントレンズを数本持っている
    • Nikon D750 5年愛用している
      • D3100 → D3200 → D7100(D5200)→ D750 
    • D750にLV撮影や暗所撮影時以外に大きな不満はなかった
      • ただD750が100点ではなくなっていた・・・
  • 私の重視した点
    • 瞳AF機能 → 視力が落ちてきた(乱視が強くなっている)
    • 人物、動物どちらの撮影にも信頼出来る機種
    • 撮影以外の所に神経を使う余裕を持つ
    • Nikon Fマウントレンズを活用したいな
    • Nikon で揃えたラジオスレーブなどの環境は可能なら維持したい
    • 耐久力、機能性、撮影時の機動力の向上
    • 撮影可能枚数(バッテリー、バッファ)
    • 撮影を楽しめること(音やグリップ感)
    • コスト面:予算はそんなにない

信頼 :撮れる!という自信

イマイチに感じた惜しい点は

  • 安くはない:流通価格22~25万
  • ミラーレスに比べると、やっぱり重いしデカいよね
    • サイズ : 幅x高さx奥行き 143.5×115.5×76 mm
    • 重量 : 755 g
    • 野鳥撮影を考えると一眼レフで問題ない
  • 瞳AFは使えるけど、SONYほど優秀ではない
    • 数年後、Nikonも瞳AFが優秀になるとここの不満は膨らむと思う
  • 像面位相差AF以外はそこまで大きな改善インパクトは感じなかった
    • LV機能向上した点だけでも、私は買いだと感じた

ワークフロー的にどう変化したか

  • 特に変化なし → それを望んだ
    • Fマウント、SD(ダブルスロット)、一眼レフ
  • 現像ソフトが使えなかった
    • Lightroom6(買取型)を数年使ってたが、新しいカメラはサポ外
    • Lightroom Classicへの移行を余儀なくされたが満足している
      • Photoshop 20GBのクラウドストレージが使えて月額1000円
      • 別の動画でLightroomやLuminarの話をしてるので見てね

今、あえて一眼レフ D780を選んだ理由

  • D750からの乗り換え候補として
  • トータル予算とマウント、ワークフロー変更が判断する基準だった
    • Z6 :XQD、シングルスロット、ミラーレス一代目、FTZ
    • α7iii :2年前のモデル、持ってる人多すぎ、何となく違和感
    • D850 :EXPEED5、D750の弱点を克服しきってない
  • 特別、D780の進化点に魅力感じないならコスト的にD750もアリ

YouTubeでも語っているので、ぜひ見てくださいね(^^)