Nature,  Shooting

フォトテクニックデジタル 5月号 ネイチャー部門 載りました

フォトテクニックデジタル 5月号
ネイチャー部門 載りました

ふらーっと本屋に行って
「今月号出てるわー」っと
立ち読みしたら・・・

見覚えある写真が !?

青い色と管楽器のような
鳴き声が綺麗な
カワセミという鳥が
ヌマエビを捕食した瞬間を
撮影したものです
(104ページ目)

最近はありがたいことに
宣材撮影の機会を多く
いただいております

人物撮影の印象が強いですが
私の撮影の原点は動物の
生きる力強さです

人間も動物ですしね

頭をリセットするときは
望遠レンズ持って
何時間も動物側から
寄ってくるのを待つ

本作はそんな1枚です

日常、人間が生活する近くで
生まれる命、絶える命
獲物を追うもの、追われるもの
人間が開拓し環境変化に
困惑するもの
野生動物は必死に
生きています

一方で生態研究、
保護の観点から
動物園や水族園で人間と
共存する動物も居ます

それぞれが様々な環境で
生きようとする姿を
見えるものとして残す

私が生態と向き合う理由です

改めて感じたことは
人の可能性を広げる写真
動物が見せる生き様を
知る写真

私の中で間違いない
大切な柱です

そのひとつが
書籍で評価されたことは
素直に嬉しい

動物、風景写真は
人物写真に比べると
メッセージ性を前面に
出さないと
評価を得るのが
難しい面があります

審査員の講評を読むと
画角、構図、光線、
アングル、タイミング
状況、強調したいテーマと
私の意識した点が
全てが汲み取られており

自分自身が救われた
そんな1枚になりました


———
SS 800
F 5.6
ISO 100
Nikon D750
Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR