Business

就職活動は10年後の生活を想像して英断すべき

こんにちは、jima です。

今回の記事は買い手市場の時代に就職活動をし、
転職を数回して安定した私の意見を含め
就職活動中の方を対象にしています。

前職(スタジオ業)で新卒採用の面接官を経験し
転職支援などを個人で行っている視点から
就職活動の学生へ伝えれることを書きますね(^^)

今日は就職活動時に大切にして欲しい視点のひとつをお話します。
就職活動で多くイメージされるのが

・企業/業界研究
・面接対策
・勝てるエントリーシートの作成法
・年収、福利厚生、勤務地など

色んなことを総合的に見て活動されるかと思います。

私は10年ほど前の就職氷河期という
今の売り手市場とは正反対の買い手市場

企業が強い時代、内定1社取るのに多くの学生が必死となり
優秀な学生に内定が集中する状態でした。

今は人材が多くの企業で不足しており
事業を展開したくても人的リソースが必要だから
本命でもない80点ぐらいの学生にも
資本が強い企業は内定を保険として出す状態です。

だから、学生は企業を選べる立場でもあるのです。

本当に私からしたら羨ましいのですが
企業があの手この手であなたを採用しているので
警戒心を持って就職先を選んでくださいね。

もちろん、学校の就職支援課のところで案内される
内容はとても大事ですが、そこに+αで
“10年後の姿からの逆算”という視点を持ってください

10年後に
・就職先は倒産、買収されていませんか?
・あなたは役職を獲得できていますか?
・どのような能力を磨き、必要とされるか?
・結婚していますか?
・子どもは何人いますか?
・マイホーム、ローンは組んでいますか?
・健康ですか? 保険は入りますか?
・貯金は100万?500万?1000万?それ以上ですか?

こんな感じですね。

就職活動時にあまりイメージ付かないですが
自信が30歳を迎えたときにどんな生活をしているかを
鮮明にイメージすることが大切です。

どんだけ良い企業に入っても3年で病んで
病めたら良い大学出ても多少転職活動に不利になるでしょう。

転職時は学生時代の就職活動と異なり
社会人時代にどんな能力を得て、どんな視点を得てるか
そしてどんな結果を職務経歴書に書けるものがあるか?

私が就職活動する時代ですでに日本企業の終身雇用は
大手しか無理だというのは多くの経済評論家が述べていました。

そして最近はついに大手も終身雇用が厳しいと発言しています。

はい、10年後
お金、育児、健康など一番お金のことを考える時期に
不安を迎える前にリスクヘッジしておくべきです。

地域密着や家族経営しているところは
今後も社員は家族精神が味となって
活動していくと思いますが
関係の薄い中小、大企業はどうでしょうか?

役員でもない限り、企業側は別に社員に
一生勤めてもらう必要はないのです。

だって、私もあなたも会社からしたら
人件費というただのコストです。

削れるなら削りたいところです。
ただ、今は企業が勢いつけたくて人材を確保したい時代

だから、あの手この手であなたを囲い込みたいのです。

ただ、企業が元気なくなったらどうしますか?
はい、邪魔なコストになるのです。

そして、終身雇用が終わりました。

はい、遠慮なく切りやすいですね。
現在は簡単に正社員を解雇するのは難しいですが

終身雇用が終わった後は、ココが改変されて
解雇しやすくなると思います。
経営視点を持つとそうですよね

企業存続させ、顧客へのサービス、価値を提供するため
企業を人件費で破産させる前に人件費を削減する

はい、頭良いあなたならもうひとつの手法が浮かびますね。

そうです、年収(時給)の低下です。
でも、これって企業側は人件費の比率を維持できても
私達の生活はカッツカツですね。

長い目で見て、生活を続けるのは辛いと思います。

長くなってきたので
そろそろまとめに入りますね。

・就職活動では今までの対策も大事
・企業がなぜあなたを採用したいか見極めて
・就職先の30歳がどんなライフスタイルで活力的か見極めて
・企業が景気が悪くなった際の対策は考えておいて
・30歳までにどのようなスキル、経歴を得るべきか考えて
・30歳の自身の状況を可能な限りイメージしておいて

どうですか?

少し違う視点を得れましたか?

理由は視点です。

就職支援課や就職活動をする学生の目線は
”内定”です。

ただ、10年働いてきた会社員の視点は
”安定した生活”です。

私は就職し転職した理由は
自分の夫婦の良好な関係
親の近くで住んで体調崩した際に
何かあった時に飛んで帰れる環境

そして安定して収支のコントロールが出来る状態を維持し
拡大できること

独身のときや親が元気なときとは
異なる視点になっているのです。

次に私が10年後の40代になった視点を考えて
行動するように

100年時代
みなさんも自身の安定した生活を目指してくださいね。

以上となります。

今回は就職活動で色々相談を受ける中で
短期的成功に集中している学生が多い傾向にあるのを感じたので
私から伝えれる内容をお伝えしました。

楽しい会社員生活を迎えれるよう応援しておりますよ(^^)
頑張ろう